伝説の挨拶!?「最速でデビューします」は、しびれたよ髙橋優斗くん!

HiHi Jetsといえば、ガンガンいくのは髙橋君と猪狩君ですね。

変化球の猪狩君と、全力ストレートの髙橋君というイメージがあります。

 

特に髙橋君って、かなり心の強い子だと思います。

彼の怖気づかない雰囲気がHiHi Jetsに、”いくっきゃないでしょ!!!””止まれないでしょ!!”という空気をもたらしてますよね。

 

頭の回転も速い。語彙力の豊富さとかウィットに富んだひねりの効いたトーク力・・・というと猪狩君に軍配が上がるけど、テンポよく話せたり、考えながらもどんどん話せる人だなと思います。あと、ちょっと「誰がいく?」みたいなためらう時とか、空気があったまってないときにも、先陣を切れる人。

しかも、ナイーブな感じを見せずにやれる人。「あ・・あ・・」じゃなくて、「おれがいきまーす!」ってやれる。

これができる人がいるグループは安心してみれるんだよなぁーー。

 

と言いつつ。私としては、今までのトークで一番印象的だったのは、2021年サマパラ初回公演の最後の挨拶、「ためらいにためらって最後にバシッとキメた」瞬間だったかもしれません。

ハイハイってまーじーで、挨拶がうまい。毎度いいこと言う。この時の髙橋君もいいこと言っていたんだけど、だんだんと間延びした感じになってきて、観客も、そしてメンバーも(?)、ちょっと「ん・・(笑)??大丈夫(笑)?」と言う雰囲気。

明らかに、【言いたいことがあるっぽいけど、言うか言わないか迷って挨拶を終えられずに引き延ばしてるのが分かる】感じでした。

(観ていた方なら絶対わかっていただけると思う・・・)

 

でも、結局言ったんですよね。「最速でデビューします。」って。

その時の観客のブワッと高まる感じはすごかった・・・。もはやブワッというより、ゾクッだったかもしれない。

なにげにそういうのって、”暗黙の了解”じゃないですけど、表立ってジュニアが強気に言うというのはなかったから。もちろんデビューしたい、とかは言う子もいたけど、こんな強気で宣言した子はいなかった(と思う)。

 

この髙橋君の言葉をきっかけにをほかのグループの子たちもデビューについて言及してましたよね。でも、なにわ男子のデビューが決まって、このことをまさに最速で!そして、最近ちょっと多い気がする”ファンに媚びる感じ”でもなく!言い切っちゃったのがほんとにしびれました。

 

という感じでマインドやトークももちろんグッとくるんだけど、髙橋君特有のガンガン感はやっぱり曲中の煽りに宿りますね。声が爆発しそうな、おたけび煽り!

個人的にはジャニーズ1なんでは?と思っています。

 

「もっと!!!!もっと!!!!もっと!!!!」

 

髙橋君のこれを聞くと、なんか泣きそうになっちゃうのは私だけ(笑)??

 

エネルギーの圧がオタクの心をガンガン揺さぶって、強く手をぐいぐいひっぱられてるような感じがするんです!どこまでも走って連れてってくれるイメージです。

(そして涙腺ガバガバにさせられる・・・。)

 

=====

五騎当千でのソロは『終電を超えて』でしたね。

 

手をつないでいよう。ポケットに入れていいよ。

寒がりな君の手、あたためるのは僕さ。

 

この曲の前向きポップで引っ張る感、髙橋優斗みがえぐい。

井上瑞稀君の声が本当に唯一無二できゅーーんだった話

井上瑞稀くんと言えば、「え・・・リスの赤ちゃんかな???????」というハイパーキュートでかわいい子供時代を経て、なんやかんやと水も滴るいい男になりつつある子。

 

ガンガン前に来る感じではないし、ド派手なキラキラタイプでもない。

 

どちらかというと寡黙。思いをすらすらと言葉に乗せることが得意なタイプではなさそう。勢いで突っ走るタイプではなく、考えて一生懸命やるタイプ、経歴も長い・・・

 

他のジュニアと話す様子から、一目置かれているのが見てとれます。ハイハイのメンバーからはいじられがちですけどね笑。でも、好かれているのがよくわかる絡まれ方をしていますよね。

 

HiHi Jetsのライブ、”五騎当千”が11/20,21で行われましたが、正直言って、びっくり!

レベルが高くてすごかった。

 

その中でも、井上くんの天使の歌声に度肝を抜かれて、一週間たっても思い出してはぽやぽやな気持ちになるので、その魅力を語ってみたいなと思います。

 

瑞稀君の声はなんといっても可憐!

 

強さと儚さを両方持っている。

声質が唯一無二の宝物。スイートボイスだと感じます。

 

ていうか、以前より「素直な歌い方」に変わってませんでしたか!?!?

もちろん前から天使の質感の歌声だったんだけど、ちょっと甘ったるく引きずるように(「同じだから」→「おんなっじぃんだからぁ…」みたいな)ザ・ジャニーズの感じ(偏見?)も少しありつつ愛の歌を歌っていたような気がします。

 

でも今回は喉をしっかり開けて力を入れずに、こねくり回さず、気持ちいい歌い方をしていた気がします。で、優しく語り掛けるように思いをメロディーに乗せているように見えました。それがすーーーーーーーーごいよかった。

 

薄ピンクのお花かな…?白くてかわいいカスミソウかな…?みたいな繊細な雰囲気で歌われたら、そりゃあ会場も初恋の甘酸っぱさが充満しますよ。

メロメロの雰囲気になりますよ。

 

『猫』が人気のDISH//北村匠海さんも、声質が良くて俳優のよさを活かした自然に話しているような歌い方だと言われていますよね。瑞稀君もその感じで、ほんとうに好きな人に語り掛けているみたいでドキドキしました。

 

歌の上手いジュニアも多いですが、瑞稀君は、

なんといっても声質が唯一無二で、宝物なんですよね・・・。

 

どう聞いてもスイートボイスなんだけど、サラサラ透き通ってもいてクセがない。ふわりとやわらかな甘さで、ほんとうに唯一無二。

耳心地のいい声とはまさにこのことかと思いました。

その良さが、今回のソロの宮和也さんの『虹』では特に顕著に生かされていて、大正解だったと思います。

意図的にそうしたのかな??

誰にもまねできない「綺麗な声」で勝負に出たのかな?

 

だとしたら大正解だから瑞稀君その路線で行ってくれ!!!!!